MENU

足のむずむず、痒さに悩んでいませんか?原因を知ろう

むずむず足の原因を治す
むずむず足症候群はTVで取り上げられた事などがきっかけで、近年になってようやく知名度が上がってきた症状の一つです。

 

足の奥の方にむずむずと気持ち悪い感覚があらわれ、これが気になってしまって中々眠れなくなってしまったり、寝ていても途中で起きてしまったりすることがあります。

 

また、夕方から夜にかけて症状が出る場合が多く、足に変な感覚が生じますが、歩き回っている時にはその感覚が出てこないという特徴もあります。

 

足に不快感を感じるため十分に睡眠をとることが出来ないので、日中に眠気を感じたりいつもより疲れてしまうことも度々起こります。

 

備考>むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

むずむず足症候群の症状

むずむず足の原因を治す
むずむず足の症状は足に感じる不快感が代表的なものになりますが、それに伴う不眠や日中の体の疲れとだるさなども深刻な問題となります。

 

睡眠がしっかりとれないと人の体は不調を起こしやすくなってしまい、不安感を感じたりうつ病や自律神経失調症の原因につながってしまうこともあるのです。

 

むずむず足症候群の人の特徴として、しばらく座っていると足を動かしたくなってしまい、動きを止めると足に不快な違和感を感じます。

 

日常生活を送っていると、飛行機や電車の他にもあまり身動きや目立つ動きをとることができないシーンが多いですが、こういた際にも足がむずむずしてしまうので不便を感じたり恥をかいたりすることが多くなってしまいます。

 

上記のような不快感を足に感じるばあいは、むずむず足という病気の病態が現れている可能性も高いでしょう。

 

参考:むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

足がむずむず以外の症状

むずむず足の原因を治す
むずむず足は足がむずむずと不快になるだけではなく、その症状に伴って寝付けなかったり夜中に目が覚めてしまうなど、睡眠がうまくとれなくなってしまいます。

 

専業主婦など、日中家にいる人の場合はまだ良いかもしれませんが、昼間働いている人の場合には睡眠がしっかりとれないということは死活問題になります。

 

日中に眠くて頭がぼーっとしてしまったり、疲労がとれなかったりするからです。

 

例え家にいて働いていなかったとしても、電車などで足に不快感を感じてしまうため厄介に思うことは間違いありません。

 

口コミ【 むずむず足の原因とむずむず足を治すなら 】

 

 

治療でむずむず足が治るのか?

むずむず足の原因を治す
このように困った病態を引き起こすむずむず足ですが、治療を行うことによって改善出来るかもしれません。

 

自分がむずむず足症候群だと感じたら、神経内科に行って診察してもらうのが良いでしょう。また、睡眠障害について相談に乗ってくれるような精神科も必要に応じて受信してみてください。

 

病院に行ってみて、自分が思うような結果が現れなかった場合、諦めずに別の病院を探して診察を受けるようにしましょう。

 

むずむず足症候群の不快感は言葉で言い表すと

 

  • ほてる感じ
  • 虫が這っているような感じ
  • 痛い
  • 痒い

 

といった病態を訴える人が多いです。
そしてそれらの感覚は足の内部の方から感じられます。

 

足を動かしたいという気持ちが強くなったりするのが特徴になります。じっとしている時に現れる病態ですが、じっとしているのに症状が現れないこともあります。

 

仕事や趣味などに集中している時だけはなぜか症状が現れにくいそうです。

 

むずむず足の症状は夕方以降の夜間に現れたり、強まる傾向があるようです。

 

これを放置しておくと悪化してしまうことがあり、昼間にも病態が現れ始める可能性があるので、病態が出始めたら放置せずに病院を探すようにしましょう。

 

PR☆むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

 

むずむず足症候群の原因

むずむず足の原因を治す
最近になって多くのメディアでも取り上げられるようになってきたむずむず足ですが、足がむずむずしてしまうメカニズムは未だ解明されていません。

 

世の中にはこのように、発生原因がわかっていない不思議な病気がたくさん存在するのです。

 

しかし研究の結果、それなりに有力な説は出てきています。

 

評判*むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

むずむず足症候群の原因

ドーパミンの伝達機能が低下

むずむず足の原因となっているのは鉄分不足と、ドーパミンの伝達機能が低下したことであると言われています。

 

ドーパミンは脳内伝達神経の一つで、細かい外部刺激をシャットアウトする役割があります。役に立たないような機能に思えますが、これのおかげで人間の体は不便を感じずにいられます。

 

しかしドーパミンの伝達機能が低下してしまうと、今までブロックされていた小さい外部刺激が大きな刺激として感じてしまうようになります。

 

その結果が足のむずむず感や不快感を引き起こし、むずむず足症候群として現れてしまうのです。

 

リンク=むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

鉄分不足

また、鉄分不足が足のむずむずの原因になってしまうのは、ドーパミンの伝達機能の低下が鉄分不足と関係しているからです。

 

鉄分やその他の栄養素が不足してしまうと、体内で不調を起こすきっかけとなってしまいます。

 

そのため、むずむず足を治すためには、医師の指導の下で治療を行うことの他にも、日常の食生活で不足している栄養素を積極的に補っていかなければなりません。

 

重要!むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

 

足のむずむずで眠れない寝不足なら

むずむず足はその名前のとおり、足のむずむずのせいで眠れないといったような不便な症状を引き起こす病です。

 

足がむずむずと不快になるだけではなく、不眠にも関係してくるので日常生活に支障をきたし、非常に厄介な存在です。

 

注意・むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

むずむず足になってしまったら

むずむず足の原因を治す
むずむず足症候群になってしまうと、足に虫が這うような感覚やほてり・痛みといったとても不愉快な感覚が出てきます。

 

更にじっとしていると足を動かさないと落ち着かないような感覚にもなります。

 

そのため症状が悪化し、日中にもこのような症状が出始めると、電車などの移動の際に落ち着かなくて悩みの種になることもあります。

 

そして夜間はなかなか足の不快感で眠りにつけなかったり、睡眠の途中で目が覚めてしまうといったことも起こります。

 

睡眠の質は当然下がりますので、日中に疲れたりぼーっとしやすくなってしまいます。

 

宣伝:むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

むずむず足で不眠に

むずむず足の原因を治す
不眠は前日の疲れが翌日に残ってしまったり、日中に頭がはっきりしなくなるのでそれなりに苦痛が伴います。

 

このような生活が続いてしまえば身体的・精神的に不調を引き起こしてしまう恐れもあり、時には不安・抑うつなどを引き起こしてしまう可能性があると言われています。

 

TVなどで取り上げられたことで認知度は少々増しましたが、まだ一般的な病気ではないので中々理解してもらえないこともあり、患者の悩みがうまく解消されない場合も多々あります。

 

周囲への理解は自分の努力だけでどうにかなる問題ではありません。

 

患者に出来ることはむずむず足について理解していて、適切に治療を行ってくれる病院を探し当てるということだけかもしれません。

 

CMで有名#むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

 

むずむず足は何の病気?

むずむず足を感じて不快感に悩まされる人達が存在しますが、その人達は何の病気なのでしょうか?

 

 

むずむず足が起きる原因の仮説

むずむず足の原因を治す
実は足がむずむずして不快感を感じる人達の多くが「むずむず足症候群」に悩まされ続けています。

 

むずむず足が引き起こされる理由は未だ解明されていませんが、いくつかの仮説が存在します。

 

遺伝的なものとされたり、鉄分不足もしくは代謝異常、脳内のドーパミン神経機能障害が関係していると考えられています。

 

遺伝的なものと考えられている理由として、むずむず足症候群を発症している人の家系を見ると、同じように発症している人が見られることが多いからだとされています。

 

むずむず足の解明のために、遺伝子レベルの研究も行われています。

 

備考>むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

ドーパミンが不足してしまうと

むずむず足の原因を治す
運動や感覚を制御している神経はドーパミンと呼ばれていますが、これには神経の興奮・運動・刺激を抑える働きがあります。

 

このドーパミンが不足してしまうと過剰に刺激などが伝わってしまうのです。

 

 

鉄分

鉄分はドーパミンを作るために必須の栄養素なので、鉄分不足もむずむず足の原因となります。この他に、むずむず足症候群には別の病気が潜んでいる場合もあります。

 

 

原因の二次性の症状

原因が特定できない突発性(一時性)の病気や、妊娠・病気・服用している薬が原因の二次性の症状などの合併症のようなものとして、足のむずむずが引き起こされることもあるようです。

 

このうち大半の患者は原因が特定できない突発性のむずむず足で、こういった人達は遺伝・鉄分不足・ドーパミン機能障害が原因である可能性が高いとされています。

 

少数派の二次性むずむず足症候群ですが、こちらは鉄欠乏性貧血や透析が必要な慢性腎不全・パーキンソン病のほか、月経過多の人や鉄分不足の妊婦・薬の副作用などが原因で引き起こされると言われています。

 

口コミ【 むずむず足の原因とむずむず足を治すなら 】

 

 

 

足のむずむず治す方法

足のむずむずで不快感・不眠などを引き起こしてしまうむずむず足。

 

この病が引き起こす困った症状に悩んでいる人達は多いですが、この症状はまだまだ認知度が低く、あまり人に辛さを理解してもらいにくい病気です。

 

むずむず足を治すには

むずむず足症候群を治すには神経内科や精神科を必要に応じて受診するのが望ましいと言われています。

 

しかし神経内科が近所に無かったり、良い医者があまりいない場合もあります。

 

精神科に関しては近年うつ病などの症状に苦しむ人達が増加しているため、思うように予約が取れない可能性も高いです。

 

PR☆むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

むずむず足を治すクリーム

むずむず足の原因を治す
そんな時に少しでもむずむず足による症状を軽減させる事が出来るように、足のむずむず用クリームが開発されています。

 

むずむず足に対して即効性の効果が期待できる栄養素ナノ化クリームで、むずむず足症候群の原因となっている鉄分不足を補い、鉄分から作られるドーパミンがうまく機能するお手伝いをしてくれます。

 

注目です!むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

むずむず足に有効な栄養素

このクリームには鉄分の他にも体にとって有効な栄養素が含まれており、ビタミンCやアミノ酸・ナイアシン・葉酸・ビタミンB6やカルシウムなどが効率よく足のドーパミンに届くようになっています。

 

上記の成分をナノ化する事で、症状が出た際に内部まで浸透しやすくなっています。その結果即効性が期待できるのです。

 

 

むずむず足を抑える成分

また、天然成分のメントールが配合されているので、ドーパミン不足で過剰な刺激を感じている足のむずむず感を抑える効果もあるとされています。

 

 

ラベンダーの香り

むずむず足でなかなか寝付けないと目が冴えてしまい、神経も高ぶってしまいます。

 

眠れない事がストレスになってしまい、更なる不眠につながってしまう事もありますが、むずむず足用のクリームはリラックス効果を与えるためにラベンダーの香りが付けられています。

 

ラベンダーは安眠やリラックス効果があると言われている有名なアロマです。

 

こういった特徴を併せ持つクリームを使用する事で、むずむず足を解消したり、症状を軽減させる事へとつながっていきます。

 

評判*むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

むずむず足を治すには漢方

むずむず足の原因を治す
クリームの他にむずむず足の症状を和らげたり解消につなげるために人気なのが漢方薬です。

 

漢方薬は一般的にも副作用が少ない事で知られており、西洋医学の薬の力で病気を治すというメカニズムとはちがい、人間を含めた生物の持つ自然治癒力を高めるという目的で作られているそうです。

 

リンク=むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

むずむず足を治すのに有効な漢方

もちろん一応薬なので、副作用が少ないとはいえ適当に用いてはいけません。

 

鉄分の欠乏によるむずむず足を治すには

鉄分の欠乏がむずむず足症候群の原因となっているため、これを補うために熟地黄・当帰芍薬・阿膠・酸棗仁・竜眼肉などが用いられます。

 

 

むずむず足が原因の不眠を治すには

足のむずむずで不眠が生じている人には、鎮静効果がある酸棗仁や竜眼肉が特に有効だと言われています。

 

 

むずむず足が原因のほてりを治すには

また、足がほてったように感じたり熱っぽさがある時には麦門冬・天門冬・生地黄が用いられます。

 

妊娠が原因のむずむず足を治すには

妊娠が原因のむずむず足の場合は当帰飲子・婦宝当帰膠・芍薬甘草湯などが用いられ、自覚症状としてほてりがある場合は杞菊地黄丸・瀉火補腎丸などが処方される事もあります。

 

重要!むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

ツボ押しがむずむず足を治すのに効果的

むずむず足を治すには眉唾に感じる人もいるかもしれませんが、足のむずむず対策にツボ押しをしている人もいます。

 

むずむず足を治すツボ

むずむず足の原因を治す
足三里というツボは膝の皿から指三本分下の、すねの外側あたりに位置しているツボになります。

 

本来は足の疲れやむくみが出た時に押すと良いと言われているツボですが、足のむずむずにも有効だとされてます。

 

足三里から更に指三本分下には上巨虚、更に指三本分下には下巨虚、すねの内側を膝に向かっていき、指が止まる所には陰陵泉というツボがあります。

 

くるぶしの内側の突き出た所から指三本分上に行った所には三陰交がありますし、この他にも築賓・公孫・委中・承筋・承山・環跳・風市・陽陵泉といったツボが存在します。

 

このような足部分にあるツボはいずれもむずむず足の症状に良いとされています。

 

これらを全て把握する事は現在のネット状況などから難しくはありませんが、ツボを押す場合はプロにやってもらった方が効果は高いかもしれませんし、正確性が増します。

 

重要!むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

生活習慣でむずむず足を治す

むずむず足の原因を治す
むずむず足は神経障害の一種なので、カフェインやアルコールの摂りすぎは良くないと言われています。また、喫煙も良くない影響を与えるので控えるようにしましょう。 

 

これらを控える事で随分症状が改善されたケースも存在しています。

 

むずむず足症候群はじっとしていると足を動かしたくなる事が多いです。また、症状が出た場合に歩き回ったり足を動かすと、症状が軽減される事があります。

 

その理由は体を動かす事で一時的にドーパミンが増えるからです。

 

しかし体を動かし過ぎれば逆に症状が悪化してしまう事が多いと言われていますのでほどほどにしておきましょう。

 

注意・むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

運動でむずむず足を治す

また、日々の生活に適度な運動を取り入れるのもおすすめです。

 

ウォーキングでむずむず足を治す

むずむず足の原因を治す
ウォーキングは健康で障害を持っていない人であれば誰でも気軽に出来る運動のうちの一つです。むずむず足症候群を治すのによく勧められる方法でもあります。

 

軽度であればウォーキングを行うだけで治ってしまう人もいると言われています。

 

ウォーキングは足のむずむずを治すの目的だけではなく、非常にさわやかな気分になるのでストレスの解消にもなりますし、様々な健康効果があるのでやって損はありません。

 

始めるまではおっくうに感じる人もいるかもしれませんが、始めてみると体の不調が解消されていき、体力が付いていくのを実感できるでしょう。

 

備考>むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

自転車やエアロバイクでむずむず足を治す

自転車やエアロバイクで運動をするのもおすすめの方法の一つです。こちらもあまり体力が無い人でも自分が出来る範囲内で無理なく運動が出来ます。

 

特に太腿とふくらはぎの筋肉を鍛える事が出来るため、足のむずむず症状の対策になると言われています。

 

 

足首を動かしてむずむず足を治す

足首を動かす運動も良いそうです。

 

寝る前にマッサージや軽い体操をすると、寝つきが良くなったり足のむずむずを解消する事に役立ちます。

 

 

むずむず足を治す寝る前の運動

むずむず足の原因を治す
背中を壁にくっつけて真っ直ぐ立ち、そのまま膝を90度に曲げて2分間その姿勢を維持します。これを寝る前にやる事で、眠りにつきやすくなると言われています。

 

必ず2分間だけ行うように心がけてくださ。それ以上やると逆効果になる場合があります。

 

また、寝る前につま先立ちを繰り返し、ふくらはぎの筋肉を使うという単純なストレッチを行うのも効果的です。

 

 

マッサージでむずむず足を治す

日常生活をしていく上で、電車などで移動をしたりといった出先で症状が出る事ほど厄介な事はありません。

 

その際はふくらはぎをマッサージする事で症状を和らげる事が出来る可能性があります。

 

また、電動マッサージ機などは手軽にマッサージをする事が出来、力がいらないので非常に楽です。

 

宣伝:むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

栄養管理でむずむず足を治す

鉄分でむずむず足の原因を治す

むずむず足の原因を治す
栄養面ではむずむず足の原因となる鉄分不足に関して集中的に対策をするようにし、鉄分だけではなくバランスのとれた食生活が出来るように心がけましょう。

 

食事の内容に気を付けつつ、サプリメントを取り入れる事も有効です。

 

足のむずむず症状で悩んでいる人達の大半は鉄欠乏も見られるという事なので、鉄分を適切に摂取できるように気を付ける事が大切です。

 

 

むずむず足の原因を治す、鉄分が摂れる食品

鉄分が摂れる食品にはほうれん草・小松菜などの野菜もありますが、野菜から摂る事が出来る鉄分は吸収されにくいという特徴があります。

 

そのため、肉・魚・レバーなどに含まれているヘム鉄を摂取すると効率が良いです。

 

また、ヘム鉄はサプリメントでも売られていますから、それを利用するとお手軽です。

 

基本的にはサプリメントだけに頼らず、日々の食事をバランスよく摂れるようにするのが理想です。

 

鉄分だけ摂っていれば良いわけではなく、その吸収を高めるためにはビタミンCなど他の栄養素も必要になります。

 

病院に行って診察を受けた結果、貯蔵鉄の値が低すぎる場合は鉄剤が処方される事もあります。

 

CMで有名#むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

ドーパミン不足解消でむずむず足を治す

むずむず足の原因を治す
上記のようにむずむず足症候群では鉄分やその吸収を助けるビタミンCが大切だと言われていますが、この他にもビタミンB群・亜鉛・たんぱく質・糖質などが大事です。

 

これらが欠乏してしまうとやはり神経障害を発症してしまう事につながります。

 

結局はこれら全てをサプリメントで補うわけにはいきませんので、バランスの良い食生活を長期的に続けていく事が理想となります。

 

糖質の力でアミノ酸を取り込み、タンパク質や鉄分などが神経伝達物質であるドーパミンの原料となります。

 

むずむず足症候群はドーパミン不足が原因と言われていますから、様々な栄養や環境が密接に関係していると言えます。

 

注目です!むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

規則正しい生活でむずむず足を治す

むずむず足の原因を治す
栄養の他に気を付けたいのが規則正しい生活をするという事です。

 

不規則な生活は自律神経の乱れを引き起こす他、神経伝達物質の働きを弱めてしまったりします。その結果足のむずむずする症状を引き起こす事もあるのです。

 

規則正しい生活・適度な運動・アルコールやカフェイン・タバコを控えるという事を心がけると症状が改善する可能性が高まります。

 

むずむず足はレストレスレッグスとも呼ばれていますが、使用している服用薬が原因になる場合もあります。

 

抗うつ剤・向精神薬・抗ヒスタミン剤が入っている風邪薬や鼻炎薬、アレルギー薬・抗パーキンソン病薬にはその可能性があります。

 

もしもむずむず足になった際にこれらの薬を飲んでいた場合は、一応医師にその事を話してみてください。

 

備考>むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

足のむずむず病院の診療科はどこの科?

足のむずむずは「むずむず足」と呼ばれる病気の可能性が高いです。

 

主に夜に症状が出て、足のむずむずによる不快感で眠りが妨げられる場合には高確率で上記の病気でしょう。

 

この足のむずむずは何科を受診すれば良いのでしょうか?

 

 

むずむず足の原因を治す診療科

むずむず足の原因を治す
あまり馴染みが無い分、診療科はどれになるのかわからない人も多いと思われます。

 

実はむずむず足で行く事になる科は、睡眠障害を専門的に扱っている病院が理想となります。

 

睡眠障害クリニックや精神科・神経内科・心療内科になります。

 

病院数が足りていない地域や人口が多い地域だと、予約がなかなか取れない事もありますので余裕をもって予約しておきましょう。

 

 

適切な病院が近くに無い場合

もしも適切な病院が近くに無い場合は、総合病院で相談をするか、睡眠障害専門ではない精神科や神経科を受診してみてください。

 

病院で治療を受けても満足のいく結果が得られなかったらセカンドオピニオンも考えてみましょう。

 

神経内科では脳や神経が関連する病気を扱っているので、精神科に行くのがためらわれる人はこの科を初めに受診してみると良いかもしれません。

 

精神科の場合はうつ病や不眠症などで受診をする人も多いため、睡眠障害と深く関係しているむずむず足もこの科の対象となります。

 

いずれにせよ最終目的はむずむず足の症状から解放される事ですから、一定の効果が見込める病院で治療を受ける事が大事です。

 

いつまでも治らないのに病院を変えず、同じ病院で診察を受け続けるという事だけは避けたいものです。

 

参考:むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

 

足のむずむずは子供でも発症するの?

むずむず足症候群は年齢が高くなるにつれて発症率が高まり、そのピークは70歳程度と言われています。

 

発症する年齢が高い病の一つでもありますが、子供にも足のむずむずの症状などが現れる可能性はあるのでしょうか?

 

 

むずむず足にかかる子供の確率

むずむず足症候群は高齢になるにつれて罹患率が高まる病ですので、子供がこの症状を引き起こすのは稀なケースです。

 

しかし子供も鉄不足が原因で足のむずむず症状などが現れてしまう場合があります。

 

これは幼児・小学生・思春期の子供など、子供時代のどの年代にも症状が起こる可能性があります。

 

口コミ【 むずむず足の原因とむずむず足を治すなら 】

 

 

小さな子供の場合

むずむず足の原因を治す
子供のうちは大人にはっきりと症状を伝える事が出来ない子も多いため、医者に言っても成長痛や落ち着きが無いなどの精神的なものだと誤診されてしまう可能性が高いので注意が必要です。

 

親が子供の話をよく聞き、子供が症状を訴えている時には時を改めて何度か聞き直してみたりしなければ、子供のむずむず足症候群が原因だと判明しない場合があります。

 

 

睡眠不足の影響

成長期の子供にとって充分な睡眠時間はとても大切です。

 

今後の発育・発達に大きな影響を与える事もありますし、睡眠時間が少ない子供は学力の低下や様々な身体的な機能が若干劣るというデータもあります。

 

また、授業中に眠気をもたらしたり、集中力が低下してしまうので学校の成績にも影響が出てしまう場合があります。

 

 

遺伝的要素

子供のむずむず足症候群は遺伝的な要因も大きいと言われています。両親が同じ疾患を持つ場合は通常の3倍の発症率となっています。

 

成長痛と鉄不足が関連していると言う話もある事から、鉄分を適切に補う事で症状が改善したというケースも多いです。

 

 

夜更かし

最近ではまだ小さな子供のうちから夜更かしをさせてしまう親が増えてきています。

 

本当かどうかはわかりませんが、子供は睡眠時間をしっかりとった方が頭の良い子に育つとか、女の子の場合は胸が大きくなるなどと言われています。

 

むずむず足の場合は規則正しい生活を子供に送らせる事と、寝る前や症状が出た時のマッサージやストレッチなどが大事だと言われています。

 

PR☆むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

小学生の高学年ごろの場合

むずむず足の原因を治す
小学生の高学年頃になれば自分で症状をしっかりと訴える事が出来るようになりますが、まだ年が若いので重大な病の可能性が少なく、やぶ医者だと誤診されてしまう可能性も高まります。

 

 

子供の行動を見極める

更に小さい子や障害を持っている子供の場合は自分でうまく説明できないため、

 

騒いで眠ろうとしないだとか落ち着かずなかなか寝ないといった相談を、親が医者にする事でむずむず足であったと判明したというケースもあります。

 

どちらにせよこのような場合は親が子供の様子をよく観察し、時々子供が発する言葉でどのような事が問題なのかを聞き出さなければならないので多少の苦労があります。

 

 

行動性不眠症の可能性

なかなか寝ようとしなかったとしても必ずしも足のむずむず症状が原因とは限らず、行動性不眠症であったという場合も多々あります。

 

行動性不眠症の場合はぐずったりして中々布団に入りたがらなかったり、日課となっている入眠儀式をしないと寝れないといった特徴があります。

 

幼児の睡眠時の問題は様々なものがあるので、素人が一概に判断する事は難しいです。

 

 

睡眠関連律動性運動症

睡眠関連律動性運動症もそのうちの一つで、眠った時に頭を激しく振ったり体を回転させるといった動きを繰り返します。

 

親は子供がほとんど寝ていないのではないかと心配しますが、実際はしっかり眠っているそうです。

 

この症状の場合は自然と治っていくと言われています。

 

評判*むずむず足の原因とむずむず足を治すなら

 

 

子供のむずむず足は誤診されるケース

むずむず足の原因を治す
子供のむずむず足は誤診されるケースも多くあり、慢性運動性チック・アカシジア・ADHDなどと間違われる事が多発しています。

 

一つの病院だけで出た診断結果を信用せず、少しでも疑問を感じたらセカンドオピニオンを受けたり、大きな病院で診てもらうようにしてください。

 

また、子供のこういった症状は薬の投薬治療だけではなく、規則正しい生活と食生活の改善なども重要になってきます。

 

親の負担は大きいかもしれませんが、子供のためにしばらく頑張らなければなりません。

 

親としても負担やストレスになってしまう場合がありますが、適度に息抜きをしつつ子供の為に頑張ってみましょう。

 

リンク=むずむず足の原因とむずむず足を治すなら