MENU

足のむずむずを放っておくとどうなる?

 

足のむずむずを放っておくとどうなる?

むずむず脚症候群は別名レストレスレッグス症候群とも呼ばれています。日本の全人口のうち2〜5%程度がこの病気に悩まされていると言われています。

 

むずむず脚症候群は神経疾患の一つで、主な症状は病名の通り足にむずむずとした不快感が現れたりします。

 

その感覚は虫が這うようなものであったり、ほてり、痛みなどが生じる場合もあります。そして夜寝る際に症状が現れるため、なかなか寝付けなかったりして睡眠不足や不眠症のような症状も現れてしまいます。日常生活に支障をきたす事も多々あるため厄介です。

 

身体的・精神的に様々な不具合が現れる

 

この足のむずむずは確かに辛い寝不足などを起こす事もあるので大変ですが、何科に診察に行けば良いのかわからなかったり、歳のせいだからとか大したこと無いからと病院に行かない人もいます。足のむずむず症状を放っておくとどうなるかというと、睡眠不足が続く事によってうつ病や自律神経失調症などを発症してしまう事があります。

 

また、始めのうちは夜にだけ出ていた症状が次第に慢性化し、日中にも出てくるようになってしまう可能性もあります。むずむず脚症候群それ自体の症状よりも、睡眠不足が続く事で身体的・精神的に様々な不具合が現れてしまいます。

 

むずむず脚症候群には一次性二次性があります。一次性はドーパミンという脳内神経伝達物質の機能障害・鉄欠乏・遺伝的要因などが原因で引き起こされるもので、二次性は病気が原因となっています。

 

むずむず脚症候群:一次性

 

イライラして寝付けなくなる

一次性の場合は発症の原因が不明である事も多く、発症原因として仮説が立てられているドーパミン機能障害・鉄分不足・遺伝的なものなどを参考に治療が行われています。

 

夜に寝ようとした時に脚に不快感が現れるため、それでイライラして寝付けなくなる事も多々あります。せっかく寝たとしても脚がビクッと動いて起きてしまう周期性四肢運動障害を伴う事も多々あります。

 

その結果慢性的な睡眠不足に悩まされ続けてしまう事になるのです。昼間に活動する際に眠気がやってきたり、体がいつもだるいといった状況に強制的に追いやられてしまうので、活力が弱まり慢性的な疲れなどに悩まされます。

 

更に症状が悪化すると、電車の移動中やじっとしていなければならない時、そして美容院などでも症状が出てきてしまう事もあります。動いてはいけない時に脚がむずむずするので、それを我慢する事で大変つらい思いをする事もあるでしょう。この苦労がきっかけで何らかの精神的な病を発症してしまう事もありますし、病気を気にするあまり外出が出来なくなってしまう事もあります。

 

むずむず脚症候群:二次性

 

生命の危機と直結している可能性

二次性のむずむず脚症候群は一次性よりも深刻です。足のむずむず症状の裏に別の重篤な病気が存在している事があり、一次性と違って生命の危機と直結している可能性もあります。

 

鉄欠乏性貧血・慢性腎不全・パーキンソン病・うっ血性心不全・脊椎疾患・関節リウマチ・多発神経炎・ビタミンBや葉酸の欠乏など、シャレにならない病気になっている場合や、栄養素などが足りていない場合もあります。また、妊娠中にもむずむず脚症候群になる事があります。

 

上記に挙げた病気は出来るだけ早期発見が望ましく、もしも病気が発見されたら早急に治療を行う必要性があります。

 

むずむず脚症候群の治療

 

特効薬はない

 

むずむず脚症候群の治療はこれといった特効薬があるわけではありません。基本的には薬物に頼らない治療方法を行っていきますが、二次性の場合は裏に隠れている疾患の治療を中心に進められていきます。薬の副作用で症状が出ていると見られる場合には、その原因となっている薬剤の使用が中止される事もあります。

 

生活習慣の改善

 

生活習慣の改善

また、ニコチン・カフェイン・アルコールはむずむず脚症候群の症状を悪化させたり原因になったりしますので、摂取を控えるように指導されたりします。

 

日々の生活も良質な睡眠が得られるようにするため、規則正しい生活を行うように心がけるようにしなければなりませんし、症状が出た場合のマッサージや就寝前の軽いストレッチなどを行う事も多いです。適度な運動・バランスのとれた食事なども症状改善のためにできる大切なことのうちの一つとなります。

 

 

極度の鉄欠乏の場合は病院へ

 

こういった生活面での改善などでカバーできないのが極度の鉄欠乏などです。この場合は病院で鉄剤が処方される事になりますし、非薬物治療で効果が見られなかった場合はドパミン作動薬と呼ばれる薬での治療が試みられます。

 

場合によっては睡眠導入剤や抗てんかん薬などが用いられる場合もありますが、薬物療法を行う場合でも生活面での改善を同時に行っていく事になります。足のむずむずの症状を放置していると悪化してしまい、更に困る事になる可能性もあるので、できるだけ早く病院で診察を受けるようにしましょう。