MENU

足が痛くて眠れない人へ私の体験談と見解

 

足が痛くて眠れない人へ私の体験談と見解

足が痛くて眠れない場合、その原因には様々なものがあります。関節が痛くて眠れない事もあるでしょうし、日中の運動によるものの場合もあります。

 

足が痛くて眠れなくなってしまう際には、それが一過性のものなのか、それとも慢性的なもの(定期的なもの)なのかをよく見極めなければなりません。

 

人によっては一ヶ月に一度くらいは必ず夜寝る前になると足が痛くなってしまって眠れないといった症状を引き起こす事もあります。足の関節部分のみが痛ければ足の関節に異常が出ていると感じますが、ふくらはぎなど、脚の広範囲にわたってジンジンとしたりチクチクしたり、もやもやするような不快な感じが現れる場合もあります。

 

むずむず脚症候群

 

むずむず脚症候群

足の不快感から夜中に目が覚めてしまうような症状が現れる事もあるかもしれません。夜眠る前に長期に渡って脚に不快な症状が出る場合、むずむず脚症候群の可能性があります。むずむず脚症候群の症状は夜間に出て、朝起きる頃には治っている事が多い事です。

 

昼間になると症状が治まってしまうため、症状が軽いうちは「まぁいいか。」と病院に行く事をついつい思いとどまってしまう事もあります。24時間症状が出続ける事はよっぽど症状が悪化しない限りは少ないため、ずっと不快な症状が出る場合は別の病気の可能性が高いと言われています。

 

むずむず脚症候群の改善

 

むずむず脚症候群の場合は食生活・生活習慣などの改善をする事で症状が和らぐ事も多いと言われていますが、長期的に病気と付き合って行かなければならないので不便を感じやすいです。まだ比較的軽度のうちは生活習慣の改善だけで症状が出なくなる事もあります。

 

 

むずむず脚症候群は遺伝的な要因も大きい

 

むずむず脚症候群は遺伝的な要因も大きい

夜になると足がじんじんしたりチクチクしたりと、不快な症状が出て眠れなくなってしまう人は、自分の家族や近しい親戚に同じ症状を抱えている人がいるかもしれません。

 

むずむず脚症候群は遺伝的な要因も大きいと言われているため、一つの家系で同じ症状が出る人が多いとされています。

 

長年上記のような症状に悩まされている人を調査したところ、親や祖父母にもそのような症状を持つ人がいたという事が多々あります。そのため、その事を患者本人が知っていた場合、遺伝なのだろうと妙に納得している場合もあります。

 

むずむず脚症候群の発症年齢

 

むずむず脚症候群は加齢と共に発症率が高まる病気の一つですが、中には子供のうちからこの病気を発症する事もあります。歳が若いうちは症状が出たとしても、靴が合わない事で骨に歪みがあるのだろうとか、成長痛なのだろうと勝手に理由を付けてしまい、自分が病気だと気付けない場合があります。

 

また若さでカバーされているので本人に自覚の無い隠れ睡眠不足となっている事もあります。昼間に不便を感じない事が多いので、本人もそこまで深刻に悩まない事が多いのが若年性のむずむず脚症候群の特徴です。

 

むずむず脚症候群の初期症状の勘違い

 

むずむず脚症候群の初期症状の勘違い

現在では健康に関して様々な情報をネットなどで得やすくなっています。人は重篤な自覚症状などが出てこないかぎり、自分が病気であると気付けなかったりします。

 

そのため足が痛くて眠れないとか、脚に不快感を感じる程度の自覚症状の場合は、足がつかれていたりリンパの流れが滞っているのだろうなどと考え、自分の中で勝手に処理して片付けてしまう事もあるのです。

 

ネット情報による勘違い

 

リンパマッサージなどの仕方もネットで容易に見つける事が出来るためそれを実行する人もいます。むずむず脚症候群は夜寝る前に軽くマッサージをしたりストレッチをしたりすると症状が緩和される事がありますから、このようなマッサージをすれば症状が軽減される事があります。

 

効果が出るのでやっている本人も更にリンパの滞りのせいだったのだろうと勘違いをしてしまう事があるのです。

 

脳の納得による症状の改善

 

親族間で親子二代・三代にわたってむずむず脚症候群の症状が出ていた際に、症状が悪化した家族が病院を受診したことで、自分もむずむず脚症候群だったと判明する事があります。

 

中には長年現れていた症状が病名がわかった事により、ドーパミンが働かない事による架空の痛みの情報だと脳が納得する事で症状が出なくなってしまったという極端なパターンも存在します。

 

足の痛みの原因

 

足の痛みの原因

足の痛みの原因は加齢による骨の変形・障害の他、様々な要因が関係しています。リンパがむくんで痛みに変わる事もありますが、中には重大な病が隠されている事もあります。

 

色々調べていくと病の原因が判明する事もありますし、いくつか様々な科の病院で診てもらうと誤診などを防ぐ事も可能になります。

 

特に足の痛みで眠れない人は全国的に見ても悩んでいる人達がとてもたくさん存在しています。その中でもある程度歳をとっている人の場合は医者も詳しく検査してくれたりしてくれるのですが、比較的若い世代の場合は軽くあしらわれたり誤診される可能性も高くなっています。特に成長期の子供は単なる成長痛で片づけられる事も多いと言われています。

 

成長痛

 

その成長痛も二種類程あり、オスグッド・シュラッター病と呼ばれる関節の軟骨に炎症を引き起こす症状と、特に異常が見られないにも関わらず脚の痛みを訴える症状の二種類が存在しています。前者は部活などで激しい運動をしている人に多く見られるので医者も見つけやすいですが、後者は検査をしてもどこにも異常が見られないのでうまく対処をしてもらえない事も多々あります。

 

小さな子供が後者の痛みを訴える場合は扱いに困る事も多くあり、周囲の対応次第では後々まで症状が出続ける事もあります。成長期の子供にありがちですが、この時期の子供は親や周囲の大人の話す事を信じ込んでしまう節があります。

 

運動が苦手な親が「私も運動が出来なかったからあんたも運動が出来なくても仕方ない」などと言えば、運動が出来るポテンシャルがあっても運動が出来ない子供に育ってしまう場合があります。それと同じく、足が痛いと訴える子供を医者に連れて行き、何の問題も無かったのに痛みが問題であるかのように扱ってしまうと子供の脚の痛みが慢性化してしまう事もあるようです。

 

脳の勘違い

 

脳の勘違い

子供の時から時々原因のわからない足の痛みで眠れない症状が出るという場合に時は、この痛みは存在しない痛みなのではないかという事を脳が納得すると痛みが出なくなってしまう事もあります。

 

脳の勘違いを認識し、この痛みは気のせいだと思い込むと嘘のように痛みが生じなくなる可能性があります。長年謎の痛みに苦しめ続けられた人からするとかなり眉唾な話ですが、「脳で思う事」は本人が思っている以上の効果を発揮する場合があります。

 

何件かの病院を巡っても原因不明だった場合は、痛みが引き起こされる理由が無い、なのでこの痛みはまやかしだとはっきり思う事が時には大事です。足の痛みについてネットなどで色々調べるうちに、自分の症状とぴったり当てはまるものが見つかる事が多々あります。

 

そうして自分の症状はこれだったのか!と思う事で長年蓄積された何かが吹っ切れ、そこから症状の改善に向かって行ける事もあるようです。

 

謎の足の痛みがあるときは病院へ

 

謎の足の痛みがあるときは病院へ

謎の足の痛みに悩んでいる場合は、本来ならば痛むはずがないと強く思い込んだり、いずれ無くなる痛みだという事を自覚する事で痛みが無くなったり軽減される事があります。足の痛みにはどうしても医療に頼らざるを得ない症状も存在しています。

 

医者に診てもらって病名がハッキリした場合でも、脳で強く思い込む事によって症状が悪化したり改善する事があるのも過去に行われた研究や実験などから実証されています。昔からの言葉で病は気からというものがありますが、この言葉を聞いてとんでもないと思う人も多いと思われます。

 

しかし、頭の中で自分の病気や痛みは絶対に治る・もしくははなから存在していないと信じ込む事で何らかの作用が働く事は間違いないでしょう。

 

信じ込むことの実験

 

過去に行われた実験で有名なものとして、薬と称して小麦粉を処方された人達の中に一定の効果が認められたというものがあります。この実験で小麦粉を処方されただけなのになぜこれが効いたのかは未だに解明されていません。

 

現代の科学・医学ではまだまだ解明されていない事が多いのですから、思い込みごときで痛みに効果があるわけがないという事は実証出来ません。実際死刑囚に実験をした際、思い込みで死亡した例もありますから、脳を納得させるという思い込みの効果はある程度あるのではないでしょうか?

 

脳と体は密接に関係しています

 

脳と体は密接に関係しています

こうやって書いていくと単なる精神論のようで怪しく感じてしまう人も多いかもしれませんが、脳と体は密接に関係しています。うつ病なども精神的・肉体的に疲れてしまう事などから発症し、体の至る所に痛みなどの不調が出る事もあります。

 

脳と体の切っても切り離せない関係はまだまだ研究の余地が多いにある分野です。思い込みには効果が無いと思ってしまえば本当にそうなってしまいます。足の痛みに関しても気のせいだと思い込む事で何の損をするわけでも無いですから、病院に行ったけれど何の不具合も見つからなかった・だから痛み自体が気のせいだと思い込んでみるのも悪くは無いと思われます。

 

痛みや症状が続く場合は病院へ

 

ただし、脳を納得させる事で症状の軽減などを狙うのは良い事ですが、痛みや症状が続くにも関わらず一度も病院に行かないままというのはおすすめ出来ません。足の痛みや内部から来る不快感は、命に関わる重大な病から来ている場合もありますから必ず一度は病院で診てもらいましょう。

 

複数の医者に何の異常も見当たらないと言われてしまった場合や、治療を行いながらの脳でのイメージ・思い込みは良い事です。しかし、中には薬を使いつつ日常生活の改善などをした方が劇的な効果が見込める病気も存在しています。

 

必要とあればそういった治療を駆使して足の痛みなどを治療していく方が良い場合もありますので、医者から何か治療方法を提示された場合はそれを行いつつ上記の方法を試すようにしていきましょう。脳へのイメージ・思い込みは本人がそれをなるべく強く信じ込む事が大切ですので、なるべくマイナスの感情を排除するように努める事も重要です。